不可逆なオーバーラップ

Irreversible Overlap

2021
Installation
第66回卒業修了作品展/東京藝術大学 上野校地
2020年度 京成電鉄藝術賞


  この作品では、液体や光の不可逆な動きを重ね合わせる ことで予期せぬイメージと邂逅することを目的としてい る。私たちの暮らす世界は、人工的なシステムが制御する ものが随分と多くなってきた。何をするにしても、元来の 自然環境からは遠く離れ、テクノロジーが付き纏う。 2020 年から現在に至るまで続いているパンデミックでは 特に顕著であったが、私たちの呼気はマスクによって制御 され、私たちの体温は記録され、外界とのコミュニケーショ ンには必ずと言えるほど鉄の板が挟まるようになった。そ の世界の中でただ存在していると、自分が何かを見ている というより、情報を見せられている感覚があった。 私たちは本当に見ているのだろうか。そのような思いから、 修了制作として不可逆な現象が重なり合う瞬間を目撃し、 見ることについて思索するための空間を設えた。「見るこ と」を起点として、機械と人間の間にある自然現象に目を 向けることで、知覚によって重なり合って生まれる感覚を、 私たちの網膜の中で感じることができるのではないだろう か。 また、これは電子機器によって作り出される制御された人 工的な光や動きであっても、重なり合う、あるいは散乱し ていく状況を目撃することで科学技術を自然の状態に還そ うとする試みでもある。たとえ人工物で世界が埋め尽くさ れ、原生林的な自然から遠く離れたとしても、自然現象と 出逢う実感が身体にある限り、人間はどこまでも自然を感 じることができるのだと信じたい。