網膜の中で、あるいは

In our Retina, or else

2021
Video/ 9:55
The 15th Gunma Biennale for Young Artists


 私たちは「見る」とき、何を見ているのだろうか。 情報だろうか、現象だろうか、それとも、自分の感覚の 現れなのだろうか。 本作は、カメラの「眼」を通して、光や液体の動きなど の自然現象が重なり合っていく様子を捉えた映像作品で ある。 2020 年に実施した自主企画≪「映り」としての圧縮≫ で発表した自作のインスタレーション作品の構造の中 で、副次的に得られた実験的な映像を、新しく映像作品 として編成した。 私たちは数多の現象の過ぎ去る中にいる。 ガラス瓶の表面をなぞる反射、熱によって動く液体、干 渉する光、それぞれ別々の現象が、知覚によって束ねら れていく。網膜の中で、あるいは意識の中で、組み合わ さり、関わり合い続ける。