現象と表象

Phenomenon & Representation

2018
Installation
卒業制作
第 66 回卒業修了作品展
東京藝術大学 上野校地 絵画棟 5F、
東京都美術館
O 氏記念賞


 学部の卒業制作として、さまざまな科学的な現象と出逢うための実験室を制作した。水槽の中に赤い液体がだんだん滴下され、化学反 応によってスライムが生成される仕組みや、ランプの熱で温められた液体がフラスコ内で対流を起こし、ラバランプのように縦横無尽 に運動するシステムを設えた。今作の中で整然とオブジェクトを設置するのではなく、黒い鉄パイプやホースを用いて部屋中のオブジェ クトが混然一体となった状態を作り上げた。これは、新しいテクノロジーとそれに伴う膨大な量の情報によってますます複雑化する現 代社会の体現でもある。また、この作品は美術館と大学の両方で同時に展示したことで、同時並行的に物事が起こる今日の社会のリア リティも表そうとしたものである。数多くの科学的現象から影響を受けながら変容し続ける、視覚的な場を作りたいと考えている。